仕事に集中して己を高める|警備員の求人に申し込むなら職務経歴書で自己アピール!

寮付き求人に応募して新たな職で新たな人脈を得る

寮付き求人の3つのメリット

住居費を削減できる

寮付きの求人を選ぶメリットとして重要なのが住居費を削減できることです。賃貸生活をしているときには仕事をしている期間は寮生活を送ることができるからであり、待遇によっては水道光熱費も削減することができます。

仕事に集中する日々を送れる

仕事に集中したい人にとっても優れているのが寮付きの求人です。通常は仕事場にアクセスが良い場所に寮が用意されているか、シャトルバスなどが準備されていて、仕事のために通うだけの日々を送りやすくなっています。

人脈を広げることができる

仕事を通して人脈を広げたいという人にとっても寮付きの仕事にはメリットがあります。寮付きの求人に応募する人の全員あるいは大半が寮で生活することになり、コミュニケーションの場面を手に入れることができるからです。

仕事に集中して己を高める

女の人

若い世代だけでなく40・50代からも寮付き求人は人気!

寮付きの求人はまだ一人暮らしで賃貸生活をしていて、これから人脈を広げていきたいと考えている若い世代に人気と考えられがちです。10代から30代の若い世代が働いている現場も多いですが、40代や50代の中年以降の人からも寮付きの求人には人気があります。この程度の年齢になってから転職をしたいと考えるようになるケースが増えてきました。しかし、その時点で転職しようとしても働き先が見つからず、まずはスキルや経験を獲得しつつ、新しい仕事を見つけるための人脈も手に入れようと考えて寮付きの求人が選ばれています。退職してお金に困る状況になったときにもまとまって働いて稼げるのがメリットであり、まずは働いて生活費を稼いでから転職活動に勤しもうと考えている人も少なくありません。現場でも年齢に応じた仕事を割り当ててくれることが多くなっています。

寮付きの求人情報を見るときにチェックすべきポイント

寮付きになっている求人はいくつもありますが、どのような種類の求人かをチェックしてから選ぶのがポイントです。昔からよくある期間工の場合には工場での仕事がメインになり、工場での軽作業を行うのが主な業務になります。仕事一辺倒の日々を過ごしてしっかりと稼ぎたいという目的で優れているものですが、体力的にも精神的にもタフさが必要とされやすい仕事です。一方、リゾートバイトのように一定期間だけ働ける求人も多くなりました。短期間だけ働いてしっかり稼ぎたいというときに向いていますが、あまり専門性の高い仕事ではないので転職を目指して人脈を広げるには適していません。また、寮の規約についても確認し、快適に生活できるかも考慮することが肝心です。