求人情報は複数集めることがコツ!情報を駆使して警備員の職に就く

おすすめコンテンツ

女の人

仕事に集中して己を高める

寮付きの求人は仕事に集中してしっかりと稼ぐのに適していて、その業界での人脈も広げることができます。年齢層を問わずに人気がありますが、仕事の内容や寮生活の実態などについても熟慮した上で選ぶことが大切です。

READ MORE
履歴書

アピールで就職を目指す

職務経歴書は、会ったことのない採用担当者に対して自分をアピールする資料です。必要な項目を網羅し、簡潔に自分の強みを伝えましょう。読みやすいことが第一ですので、手書きにする必要はありません。自動作成できるサイトもありますが、必ず自分の言葉で、正確な内容を記載しましょう。

READ MORE

新着情報

求人を探す時の3つのポイント

まずハローワークを利用しよう

警備員の求人は勤務内容が多岐に亘ります。特定ビル内勤務、各工事現場勤務(現場は長期・短期いろいろ)などです。従って、よくある苦情が紹介案件想定と実際が違うという内容です。この場合調整は、ハローワークを通じた案件であれば、ハローワークが仲介し調整してくれます。企業側は指導官庁であるハローワークの立場を配慮するため、当事者間のだけの調整交渉より、話し合いがスムーズに進む傾向があります。

人材会社を通じた案件情報にも留意しよう

警備員の求人案件は業務内容が多岐に亘りますので、自分の探したい案件の条件を固めておく必要があります。一般に求人案件(寮付きを含む)の説明、求人会社の概要など求人に関する内容が、人材会社の方が詳細で豊富です。しかし、求人案件数はハローワークが上廻ります。人材会社の活用には人材会社への登録が必要ですが、原則無料で手続きができます。

知人、経験者からの情報も大事にしよう

職場、仕事内容は経験者から情報を入手する方法に安心感があります。しかし、個人的な意見であることは留意してください。警備員の仕事は内容が多様で、賃金の支払い方法もいろいろな選択肢があったりします。自分で可能な情報の入手方法に、できる限りエネルギーを注いでください。最後に就職される時は、必ず「雇用条件通知書」を入手してください。作成は採用側の法律的な義務になっています。

未経験でも警備員になれる

スーツの人

未経験者でも応募できる仕事はたくさんある

警備員の仕事は、特殊な職務を除いてきわめて常識的な仕事が多数あります。従って、内容によっては即戦力として仕事の説明を受けた翌日から現場で仕事をすることもあります。単純な受付けと定時に現場を見回る仕事などがこれに該当します。「未経験者」でも採用可という案件でも、前もって事前教育が十分あると理解されないようお願いします。最近は、サービス化が進み、いろいろのイベント・催事が多くなっている時代です。そのため警備員の仕事もますますニーズが増えている状況で、経験不要の求人は珍しくなく沢山あります。これらを反映して働く時間も多様化しており短時間労働、土日祝日専門、週3日労働などです。賃金の支払い方法も会社によっては、日給、週給、月給などいろいろ選択できる場合もあります。休憩時間の分割、休日の指定も多様性がある場合があります。未経験者の場合、入社前に雇用条件の確認が重要項目です。

自己アピールに役立つ履歴書や職務経歴書

警備員求人の多くの場合、履歴書、職務経歴書のフォーマットは市販のA4様式ですみます。採用側から指定があった場合は、それに合わせることが必須です。自己アピールで一番重要視されるのが、粘り強さ・辛抱強さと時間厳守です。多様な警備員の仕事では多くの他人と接触があるのが普通で、辛抱強く苦情を聞いたり、説明したりする業務が共通してあります。トラブル回避の姿勢はこの仕事の必須項目です。更に仕事が単純だったり、賃金が不満だったり、ケースによっては炎天下の仕事だったりして離職率は低くはありません。離職理由の多くは、入社前の情報不足です。自分で事前に予想、あるいは覚悟ができていれば、少々の苦情は自分で納得ができます。警備員の仕事は多くが共同作業であり、時間厳守が要求され、出勤時間(交代時間)を守れない人などは敬遠されます。警備の仕事に未経験であっても、苦情処理ができる辛抱強い性格と時間管理は得意であるという自己アピ-ルは採用に有利な内容になります。